noizelab faktory noize 2008

2013年11月17日

ドラム

歳を取ると時間の経過があっという間です。ほんとにもう…。
不惑という時期すら超えてしまいましたし。驚くべきことに。

さて、衝動買いです。
某アメリカ?系ホールセール店で39800円で売られていたアレシス DM7というエレドラを勢いに任せて。
ネットを見ると評判があまり芳しくないようですが、コンパクトで、安くて、遊べて、トリガー用にできれば、と割り切るととてもいいおもちゃです。こいつをソフトシンセPCにつないでSuperiorDrummer2を駆動して遊んでいますが、なんかすごいですねえ。練習楽しいです。

そんな最近ですが、先日衝撃を受けた楽曲は、

「やさしい哲学/富田ラボ feat. 椎名林檎」

なんかやられた感いっぱい、敗北感すら覚えました。偉そうです。
ジャズ・ロック/エレクトロニカ。

posted by fn at 20:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

再開

なんと恐ろしいことに更新停止から1年以上経過していました。
数少ないウォッチャーの方には申し訳なさでいっぱい。(諦められてるとおもいますけど)
FBだのTWだのソーシャルもどうにもやる気になれないので、相変わらず気まぐれに更新なのです。

さて。
ここ数ヶ月あけくれてたのは……



10年ぶりくらいに再開したスキーであります。

子供を遊ばせるのにもよいだろう、というのと、
大雪を見てうずうずふつふつとしたので軽い気持ちで再開したつもりが、
結局シーズン30日は軽く越えてました。
昨今のバックカントリーブームを尻目に(ちょっとチラ見はするけど)
コブにあけくれる週末でありました。

色々な意味でちょうどパチっとはまったんでしょうね。
真新しさとか、肉体を動かす喜びとか。

さておき、
ようやく夏になって、そんな呪縛から解き放たれつつあるので、
初心に帰って夏の間に何か作ろうとおもいます。
一人ゴンチチ。
posted by fn at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

エフェクト三昧



東京主張でした。暑くそして移動でヘロヘロ。

さておき、引き続きエフェクトセットアップ見直しの一環で、よりコンパクトなセットを目指すべく、新たなマルチとしてZOOMのG2Nuをポチりました。
LINE6 M9とかTC NOVA SYSTEMとかZOOM G3とかの比較材料の中、EQ+空間系がコンパクトにまとまっているものがあればというのが主たる命題であったことから、低コストかつコンパクトかつある程度の能力、というところでコイツに落ち着いたわけであります。
USBでPCにも直接立ち上がるというのもまぁいいか、という感じです。

実際の音は、及第点です。…と、偉そうにいうほど高い要求があったわけではないですが、結局どんなエフェクタ使っても同じ音を作ってるわけで、少なくとも求める音が過不足なく設定できると。
録音した際にどうなるかはまだ未知数なので録ってみなくてはね。

持って歩くにはこの程度の構成が限界だなーというところでコンパクトにおさまったの嬉しい。

posted by fn at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

ギター達

gts.jpg


怒濤の期末納期ラッシュでぐったりやられてました。
合間にギターのメンテがてら弦はりかえなどしつつ、エフェクトルーティングに悶絶。

1) ギター → コンプ → Ibanez SD9M → SE70 → コンボアンプまたはVAmpProに立ち上げ
2) ギター → ZOOM 9030 →(send)→ Marshall 9004 → ZOOM 9030 → VAmpPro → ミキサー
3) ギター → GPー100 →(send)→ ADA MP-1 → GP-100 → ミキサー

という主に3本の系統がありますが、これを動的にプログラマブルにしたいところで、パラアウトかスイッチングモノを導入すべきかなーなどと考えている次第です。どれも、自分で弾くと同じような音になるので意味がないかもしれませんけど。
1)で、ローゲインでもハイゲインでもない中間にセッティングしてギター側のボリュームでいろいろやるのがトレンドであります。

ギターの弦といえば、エリクサーのコーティング弦を愛用していますが、今年にはいってからコーティング弦の出荷が止まっているみたいでどうしたものかという感じです。
まだまだ店頭在庫はあるようではありますが、なくなると困っちゃうなー。
posted by fn at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

デモでもデモ

前回失敗したミックスをやりなおしたものがこれ。




当人はいたってまじめにテクノポップなつもり(はははは)。主要な音はXV-3080です。
ベースのモチーフを決めて、メロかんがえながらコード載せて勢いで作ってみた感じですね。

なんか一拍目がもたる現象が起きてるような気がするなぁ。DPのせいかMTPのせいかはたまたマシンのせいか・・・。
posted by fn at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

XV-3080

衝動的にXV-3080をぽちっとしてしまいまして、相も変わらず時代に逆行してます。
ドラム音源の拡張カードSRX-01が使いたかった、というのと128ボイス出せて5080ほど高くない、というのが理由ですが、ドラム音源ならそれこそBFD2とかがいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。そしてSRX-01はまだ未入手です。

ソフトシンセも含めてシンセの世界は、10年くらい前から音的にはもはや飽和してる感じがしています。より生っぽさが高まっている、というところくらいでしょうか。そんなにみっちり追ってきていないので、偉そうなことはいえませんけど。

で、テクノポップを気取ったのを一曲作ってみてるんですが、1コーラスつくってとりあえず仮ミックスしようとしたら、マシンが落ちましたので作業はそこで打ち止め。昔のマックか?
posted by fn at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

続SD9M

引き続きIbanez SD9Mのレビューをしています。
以下はとりあえずふらっと演奏してみたのをiPhone4で録画してみた映像。

Loading the player ...

うん、さすがにiPhone。生のピッキング音まで拾ってる超オフマイクな感じの録音ですね。 プレミアでNRとゲイン調整だけしてテロップ付けただけ、です。
まぁ、、雰囲気はつかめるかな…。

テキトーな演奏内容と音声品質はともかく、コンパクト一個(ZOOMでEQとDelayはかけてますがまぁおまけなので)と考えれば悪くないです。これまたスコヘン先生に習ってほぼ死蔵しているSE70を空間系に使おうかしら。

で、どこにいくのだ?
posted by fn at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

MIDIまわりとSD9M



現状のセットアップをなんとなく図にしました。ちょっと画像がでかいです。クリックで拡大。

MTP AV


こちらはMIDIまわりのコアになっているMTPの写真です。MTP AV USBを軸に、シリアル版のMTP AVをネットワーク接続して16ch化しています。昔つかっていたMTP IIは、G4に接続。
ハードウェアMIDI機器は増えてないものの、別マシンのソフトシンセ駆動が結局MIDI接続になっているのでそれなりのch数になってます。MOTIFあたりのYAMAHAシンセが欲しいかもと思いながらも幾数年。

SD9M


こちらは、アナログ回帰の個人的方向性の中、無性にペダルの歪みモノがほしく、酔っ払った勢いでポチっとしてしまったIbanez SD9Mです。スコヘン先生愛用で有名らしいSD9ですが、それをIbanez自らゲインブースタとかMIDブースタとかを付けてMOD化し先日発売となったもの。ペダルエフェクトはあまり使わない派でしたが、プリアンプで作る歪みに匹敵する歪みといっていい感じで、さすがに皆が絶賛するだけあるな、という第一印象です。只今絶賛テスト中。
posted by fn at 12:22| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

雪まみれ

じわじわと準備をしていた偽マックへのSnowLeopardインストールを、週末に敢行しました。
一つ飛びにLionと思わないでもないところで、Lionは音楽アプリ関連はまだ微妙そうなのと、何となく思想的にあわないところもあったりで避けております。MacBookProにも入れてないですし。

さておき、つまずくポイントが多すぎてひとつずつ調べて解決して、とちまちまと作業を進めて、また2枚目のビデオカードが認識されないという状態にぶつかりながらも、なんとか10.6.8まで到達。
…Snowになったからといって特別Leoよりいいことはないんですけどねえ。

閑話休題。

昔から思っていましたが、ソフトシンセをメインにしてオケをつくると、楽器を録音するときのタイミングに苦労します。オケの出音はレイテンシがある状態なのでそれを聞きながら演奏するとずれて録音されてしまう、という感じにどうもなってしまうという。
DAW(といってもDPですが)的には、ハードウェアMIDIを鳴らすタイミングとソフトシンセを鳴らすタイミングを勝手に調節しているような感じなんですが、どうも録音すると気持ちが悪くなることがおおく、ハードシンセで仮オケなんていう無駄なことをしたりしてました。
Firewireオーディオがだめなんだろうか。
素人みたいだなー俺。
posted by fn at 15:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

メイン環境

OS9環境の復活などと横道にそれつつも、引き続きメイン環境の調整をしています。
SampleTank2.5をいれつつ、ちょっと型落ちになったKomplete7をいれ、なかなかよい感じになってきました。

LionどころかSnowLeopardにもしていないメインの偽Macの環境ですが、3年ごしでようやく二枚目のビデオカードを認識させることに成功し、Windows環境と同じくトリプルモニタになりました。これが一番嬉しいかも。



写真はDP7+SampleTank2.5+Komplete7です。一番奥は仕事用のMacBookPro。

それなりのサンプル系バーチャルインストゥルメンツを入れると、やはりLogicよりも断然DPですねえ。
posted by fn at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする