noizelab faktory noize 2008

2008年02月15日

fake MacPro


Picture 1.png




なかなかMacProへ先立てずこんな感じで欲求不満解消。
ドライバがないためPCIのオーディオカードが使えないものの、下手をすると本物を超えるか?という結果。ちなみにXeonではなくオーバークロックしたCore2Duo 3.2GHzです。
MIDITimePieceをなんとかできればメイン制作機にできるかも?
Firewireオーディオを検討中ですー。
pc.jpg
外観はこんな感じです。
このケースは3年選手くらいで、上下左右が本物MacProのようにメッシュになってます。無駄な5インチベイが多いのでもうちょっとスマートなものを探してますがなかなか見つからず。

posted by fn at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのUMAX製のMacProは速いですね。想像通りApple製(2.8GHz Xeon)よりも全体に高いスコアです(Results166でした)。外の機材を繋げなければ普通に使えているのですか。

差し支えなければ外観写真を載せてください。互換機ってデザインイカして(イカれて?)ましたからねぇ。
Posted by d_say at 2008年02月16日 08:32
USBやFirewireまわりは結構普通に使えるようです。
その他はドライバ次第という感じで、システム周りのアップデートが大変です。
まだまだ稼働日数が少ないのでなんともいえないですが、音楽制作以外についてはあっさりと。

追記で外観も追加しておきました。
Posted by FN at 2008年02月19日 00:42
早速の外観写真ありがとうございます。

もっとUMAXやらakia的な白いMacを勝手に
期待したのですが、MacPro的なシルバー
だったのですね。ちょっと残念。

この方法でミドルサイズMacは作られない
のですか?というか作ってくださいな。
Posted by d-say at 2008年02月19日 22:14
このケースでも実際はG4くらいの大きさなので、ある意味ミドルクラスかもしれません。マザーを小さくすると昔のAKIAくらいでもできますね。それでも3.5インチのHDDとパワーのあるビデオを乗せられるので有意義かも。
もっと小さくするとMac miniと競合するので、あまり意味がないかもです。

とりあえず目下の目標はこいつでデジパフォなんですが、Audio&MIDIが課題。
Posted by FN at 2008年02月21日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。