noizelab faktory noize 2008

2012年04月04日

ギター達

gts.jpg


怒濤の期末納期ラッシュでぐったりやられてました。
合間にギターのメンテがてら弦はりかえなどしつつ、エフェクトルーティングに悶絶。

1) ギター → コンプ → Ibanez SD9M → SE70 → コンボアンプまたはVAmpProに立ち上げ
2) ギター → ZOOM 9030 →(send)→ Marshall 9004 → ZOOM 9030 → VAmpPro → ミキサー
3) ギター → GPー100 →(send)→ ADA MP-1 → GP-100 → ミキサー

という主に3本の系統がありますが、これを動的にプログラマブルにしたいところで、パラアウトかスイッチングモノを導入すべきかなーなどと考えている次第です。どれも、自分で弾くと同じような音になるので意味がないかもしれませんけど。
1)で、ローゲインでもハイゲインでもない中間にセッティングしてギター側のボリュームでいろいろやるのがトレンドであります。

ギターの弦といえば、エリクサーのコーティング弦を愛用していますが、今年にはいってからコーティング弦の出荷が止まっているみたいでどうしたものかという感じです。
まだまだ店頭在庫はあるようではありますが、なくなると困っちゃうなー。
posted by fn at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドモ。無事MTP AV USBをゲットしましたこと、まずはご報告申し上げます。
さっそくシリアルMTPとnet接続して万事解決しましたです。

さて、ギターの音作りに関して質問なのですが、slipknotとかザクザクした
メタルのギターって歪んでる割に切れが良くって、どうやってミュート
してんじゃいって感心しちゃいます。ああいう音は、ギタリストの弾き方で
作っているのでしょうか?それとも、こんなギターであんなエフェクトをかければ
それっぽくなるって音なんでしょうか。やさしく教えて下さい。

というのも、まぁ自分で弾いてみようかなって思っている次第でして。
Ibanezのギターじゃなきゃダメ、とかいわないでね。
Posted by d_say at 2012年04月27日 22:17
どもです。期末と決算でぐったりでした。

MTP AV USBにたどり着いたのですね。OSXとの親和性が高いので離れられなくなりまする。

ヘビーロック系のざくざく音ですが、思いっきりハイゲインにするとブリッジミュートしてもギョ「ン」っていう感じの余韻が残りますよね。

ミュートのやり方次第。というところもあるとは思うんですが、ゲートをキツめにかけてるのかもしれません。

ちょっと作ってみます。
Posted by fn at 2012年05月02日 17:31
なるほどゲートだったんですか。
確かにキレが良くなった気がします。
ありがとう。
Posted by d_say at 2012年05月20日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262282220

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。