noizelab faktory noize 2008

2012年03月06日

XV-3080

衝動的にXV-3080をぽちっとしてしまいまして、相も変わらず時代に逆行してます。
ドラム音源の拡張カードSRX-01が使いたかった、というのと128ボイス出せて5080ほど高くない、というのが理由ですが、ドラム音源ならそれこそBFD2とかがいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。そしてSRX-01はまだ未入手です。

ソフトシンセも含めてシンセの世界は、10年くらい前から音的にはもはや飽和してる感じがしています。より生っぽさが高まっている、というところくらいでしょうか。そんなにみっちり追ってきていないので、偉そうなことはいえませんけど。

で、テクノポップを気取ったのを一曲作ってみてるんですが、1コーラスつくってとりあえず仮ミックスしようとしたら、マシンが落ちましたので作業はそこで打ち止め。昔のマックか?


posted by fn at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。