noizelab faktory noize 2008

2012年02月19日

MIDIまわりとSD9M



現状のセットアップをなんとなく図にしました。ちょっと画像がでかいです。クリックで拡大。

MTP AV


こちらはMIDIまわりのコアになっているMTPの写真です。MTP AV USBを軸に、シリアル版のMTP AVをネットワーク接続して16ch化しています。昔つかっていたMTP IIは、G4に接続。
ハードウェアMIDI機器は増えてないものの、別マシンのソフトシンセ駆動が結局MIDI接続になっているのでそれなりのch数になってます。MOTIFあたりのYAMAHAシンセが欲しいかもと思いながらも幾数年。

SD9M


こちらは、アナログ回帰の個人的方向性の中、無性にペダルの歪みモノがほしく、酔っ払った勢いでポチっとしてしまったIbanez SD9Mです。スコヘン先生愛用で有名らしいSD9ですが、それをIbanez自らゲインブースタとかMIDブースタとかを付けてMOD化し先日発売となったもの。ペダルエフェクトはあまり使わない派でしたが、プリアンプで作る歪みに匹敵する歪みといっていい感じで、さすがに皆が絶賛するだけあるな、という第一印象です。只今絶賛テスト中。
posted by fn at 12:22| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーディオのみの取り扱いはOS9時代とほとんど変わっていないのですね。
ソフトシンセを使ってみても、結局ハード音源で足りることばかりだし
ギターのエフェクターだって、コンパクト最高!ってことでしょうし。
生ドラムにマイク立ててた頃に「現在の手持ち機材のまま」戻りたい心境であります。
Posted by d_say at 2012年02月20日 14:22
はい、基本的にあまり進化していない感じです。結局曲の土台は、打ち込みかギターとベースなので、全部ミキサーにぶち込んだのを都度録音・ミックスしていくという方式です。ソフトシンセもミキサー立ち上げという手順が省かれただけという。

ギターのエフェクトについては、録音用と演奏用?で方向性が違うというか、コンパクトは生弾きセット的な方向性のイメージです。
録音用はなんとなく完結してしまって。GuitarRIGなんてものもありますし。

ドラム宅録は、パラ制御が大変そうですね。
Posted by fn at 2012年02月21日 12:25
ちょいと質問なんですが
MTPってスタンドアロンでMIDIパッチベイとして使えますよね。
ということはUSBの付いていないMTPを買ってきて、3系統入出力程度の
USB_MIDIインターフェイスと繋いで使って不具合はあるんでしょうか?
極端に遅くなったりしますか?
それともUSB_シリアル変換ケーブルで無理矢理MTP非USBに繋いだ方が
動きは良いのでしょうか。どんなもんでしょ。
Posted by d_say at 2012年02月24日 21:47
スタンドアロンでMIDIパッチベイとして使えます。
MIDI IF→(MIDI)→MTP→シンセの類
という使い方でも基本的に不具合とかを感じたことはないです。

ただ、パッチングの設定はMac上でやる感じになりますので、USB版じゃないとシリアルポートのあるマックがないとつらいかもしれません。というのも、USB-シリアル変換ケーブルでは、一般的には使えないものとされているのです(私は試したことがありませんが)。

全体的なMIDIの接続イメージはどんな感じでしょうか?
Posted by fn at 2012年02月26日 02:23
どもです。
接続イメージとしては、
普段はMIDI鍵盤でソフトを立ち上げずに弾く系統と
DPなどを立ち上げてMIDI録音する系統があればよいのです。

UM-3G(MIDI IF)→(MIDI)→MTP→シンセ類
で問題ないのであれば、キモはパッチング設定を
MTPのディスプレイでやれるか!というところですね。

当初シリアル端子付きの初代PB G3 Kangaを引っ張り出してきて
設定用に使おうと思っていたのですが、引っ張り出したところ
起動はすれども液晶表示せず。VGAアウトも死亡。
USB-シリアルケーブルで設定だけできるか試してみます。

まぁ最近のハード音源はMIDI端子とUSBが付いているものが多いので
MIDI録音時はUSB経由にして、弾くだけの系統はMTP単体を
パッチベイ使用としてもよさそうなんですけど、それもやっぱり
パッチング設定が...。

MTP(USB)を買えば全て解決なんでしょうけどねぇ。
Posted by d_say at 2012年02月26日 10:25
マスターキーボードからMIDI CH別に音源振り分けて演奏。という感じですね。
本体だけでも一応ある程度はパッチングの設定は出来たと思うんですが、面倒な印象が強くてやったことがなく記憶が怪しいです…。
Windows PCからパラレル接続、という手もあるんですが、これもなんだか相当苦労するみたいです(こちらもケーブルがなくて試したことなし)。

今みたら、USB版はあまり見かけなくなって中古の値段も上がり気味ですね。一時期は1万円とかでもあったんですけど。あるいはRolandのA-880とかUM-880とかのパッチベイの中古を、と思うも、やはりあまり見かけない…。
Posted by fn at 2012年02月26日 14:54
とりあえずUSBシリアル変換ケーブルで
パッチング設定ができるかどうか試してみます。
気合いじゃあ。
Posted by d_say at 2012年02月26日 16:16
さっと見てみるとやはり本体だけでも設定できそうな雰囲気。
が、マニュアルがないと厳しいかもです。マニュアルあったかな。。探してみます。

シリアル変換、結果興味津々であります。
Posted by fn at 2012年02月26日 18:11
結果報告します。

過去の賢人達が語っていますように、USBシリアル変換は特定のケーブルを除いて
認識すらしてくれないようです。惨敗ですけど、まぁ仕方が無いです。
ただ、MIDIパッチベイとしては十分すぎる機能でして、フロント液晶からの設定は
予想よりも簡単でした。USB MIDIインターフェイスとMIDI接続しても特に遅延が
気になるレベルでもなく、しばらくはこれでいいんでないかと思っています。
あとでブログに詳細を書きマスです。ホホホ。
Posted by d_say at 2012年02月29日 22:23
シリアルケーブルは残念でしたが、無事利用できたみたいでよかった!
詳細記事にコメントいたしまする。
Posted by fn at 2012年03月02日 18:57
SD9Mの検索できました。

私もSD9M使っています。
と思ったらとなりのOD-2もおそろいですwww

どうでも良いコメすみません。
Posted by ラビア at 2014年06月25日 18:11
ラビアさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
数ヶ月たってから気づきました(汗)
大変失礼いたしました。

SD9M気に入りすぎてもう一台ほしいくらいです。
Posted by fn at 2014年11月14日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。